テニスプレイスピア店長の「いいもの発見!テニス用品研究所」

テニスプレイスピア店長の「いいもの発見!テニス用品研究所」

テニスプレイスピア店長の「いいもの発見!テニス用品研究所」 vol.01

テクニファイバー|ブラックコード4S

いいもの発見!テニス用品研究所の第1回は、2015年5月23日に発売されました「Tecnifibre 史上最高のスピン性能」といわれる ポリエステルストリング BLACK CODE 4S(ブラックコード4S)を、テニスプレイスピアのお客様のレビューを交えて ご紹介します。

テクニファイバー|ブラックコード4S

パッケージからも、ドSの雰囲気がプンプン?

テクニファイバー|ブラックコード4S

四角形って絶対に張りにくいやん!
もう、テクニちゃんたら、ドSなんだから!

ま、冗談はさておいて・・・
ルキシロン4Gに対抗したわけではないでしょうが、
テクニファイバーは4S!
4つの性能を表しているようです。

SPIN:四角い断面によるスピン力
SPEED:『PRO RED CODE』より高い反発力
STABLE:『RAZOR CODE』と同レベルのテンション維持性能
STRONG:従来の『BLACK CODE』より約 15%UP の耐久性能

の4Sだそうです。

ポリエステルの中でも、「スピン」を謳うと売れるのですよねぇ。
ゴーセン・エッグパワー、トアルソン・デビルスピン、ヨネックス・ポリツアースピンなどなど
実際にはスウィングの方が重要なんですが、威力のあるスピンは永遠の憧れでもありますからねぇ。

今までのブラックコードも継続ですが、打ち比べてみるのも面白いと思います。

お客様のモニターリポート

テニスプレイスピア「店長の裏日記」のモニターリポートにご応募いただいた皆様の「BLACK CODE4S」評をご紹介します。
今回皆様にお願いしたのは1.25mmです。評価は5段階でお願いいたしました。(5が良い、3が普通、1が悪い です。)

Kさん(男性)
使用ラケット ブリヂストン X-BLADE 325
使用ストリング テクニファイバー ブラックコード1.24 (以下BC)
テンション 46ポンド

今回はブラックコード4S1.25(以下4S)を同じくX-BLADE 325に46ポンドで張って比較しました。

打球感
5
BC、4S共にポリの中では比較的柔らかい方ですが、軽く打った時には4Sの方が若干クリアというかシャープな感じでした。
また、強く叩いた時には4Sの方がよりしっかりボールが潰れた感じがしましたが、これはテンション維持性能を上げるために少し硬くなったことによるものだと思います。
反発性
5
もともとBC自体が厚く叩いた時にしっかりホールドしてからスピードのあるボールが打ち出され自分にはこれで必要十分でしたが、4Sも同様に満足のいく反発性を持っていました。
コントロール性
5
リターンでしっかりと振り切った時に前に詰めてくる相手の足元にきっちり沈められるなど、中途半端に当てるよりも振れば振るだけよりボールをコントロールできる感じでした。
スピン性
4
ストロークでは薄く擦るような感じでスピンをかけにいってもそれなりにかかると思いますが、厚く当てていけば自然にスピンがかかってベースライン手前でしっかり落ちるボールが打てるので、こちらの方がよりストリングの良さを出せると思います。
耐久性
4
1回2時間、週1〜2回のプレー頻度なのでストリング自体が切れることはないのですが、テンション維持性能から考えればフィーリングがずれてくるのでできれば1ヶ月に1度は張り替えられれば望ましいと思います。 欲を言えば2週間に1度張り替えたいですが。
総合評価
5
同じような感じで打った場合に、スピンのかかりが良かったためかバウンドしてからのボールの伸びがBCに比べ4Sの方が若干あったとラリーでボールを受けてくれた人が言っていました。
また、BCはネットのすぐ上を狙ってフラットドライブ系のボールを打つのに適していると思いますが、4Sはそれよりもネットのもう少し上を通してスピンで落としていく打ち方に適していると思いました。
ブリヂストンのラケットで言えば、VX310,305にBC、VX-R300,290に4Sを張って打ち比べてみれば面白いのではないかと思いました。
もちろん4Sがボックス系のラケットに向いてないということではないので今後は4Sに切り替えようと思います。
穴吹さん(男性)
使用ラケット ヨネックス VcoretourF97
使用ストリング ヨネックス ポリツアースピン(メイン)とポリツアー125(クロス)とのハイブリッド
テンション 52ポンド

今回はブラックコード4S1.25(以下4S)を同じくX-BLADE 325に46ポンドで張って比較しました。

打球感
5
以前blackcodeを使用したことがあり、その際はポリらしい硬めの打球感だったので、覚悟を決めて打ってみましたが、ナイロンかと思う程の柔らかい打球感で、良い意味で期待を裏切られました。
個人的には、普段クロスに使用しているポリツアー125の打球感によく似ていると感じました。
反発性
3
いわゆるポリの飛びです。ボールの長さをコントロールしやすいと感じました。
コントロール性
5
上の反発性のコメントともかぶるのですが、振った分だけ飛んでくれるので、とてもコントロールしやすいと感じました。
スピン性
5
よくかかります。プラシーボ効果かもしれませんが、いつもの2割増し位に感じました。
いつもの練習相手からも「普段よりボールが弾んでくるので、打ちにくかった」とのコメントがありました。
耐久性
4
張り上げてからまだ1週間程で、その間4〜5hr程度しか練習できていませんので、正直わかりません。
期待値を込めての4評価とさせて頂きます。
総合評価
5
ナイロン並みの柔らかい打球感を持った、よくスピンのかかるストリング…私にはどストライクでした。次の通常使用ガット候補にしたいと思います。
松尾さん(男性)
使用ラケット Babolat AERO PRO DRIVE
使用ストリング メイン  tour bite soft125
クロス Babolat pro hurricane tour 120
テンション メイン46 クロス46

今回はブラックコード4S1.25(以下4S)を同じくX-BLADE 325に46ポンドで張って比較しました。

打球感
3
ハイブリッドで張った時よりもスイートスポットは狭くなっている感じを受けました。
だけどしっかり当たれば抜けるような打球感で飛んで行ってくれます。
反発性
3
反発よりスピンに重きを置いているのか普通でした。
ボールを弾くというより運ぶイメージを受けました。
コントロール性
4
コントロールはし易かったです。
スピン性
5
恐らくこれが一番の売りでしょう、スピン性能は高いガットだと思います。
放っておいても回転がかかるので、スピン・スライス共に満足できるものとなりました。
耐久性
3
品物が届いてから延17時間程度しかプレイしていないので「耐久性」云々までは言えません。
飛びのイメージも変わっていないので良い方ではないでしょうか。
総合評価
3
スピン性能良いのでコントロールに注力できるが、振り切らないとサービスライン辺りで落ちてチャンスボールになってしまう面もありました。
メインを4Sで、クロスはもう少し反発力の高いガットとのハイブリッドにしたら面白いと思います。
TACさん(男性)
使用ラケット HEAD GRAPHENE Radical MP
使用ストリング シグナムプロ トルネード
テンション メイン50 クロス48
打球感
5
振動も少なく、柔らかい打感、音も心地よく自然な感じです。
反発性
4.5
トルネードより飛びますが、ぶっ飛ぶ感じではなく扱いやすいです。(パワーのある方、若い方は飛び過ぎに感じるかも)
コントロール性
3.5
ストロークのコントロールは普通、ボレー等、タッチ系のコントロールがしやすく普通のブラックコードよりも上に感じました。
スピン性
4.5
強く打ったときのスピンも良いのですが、引っ掛けてスピンを掛けるようなときにトルネードより良さを感じました。(スライスサーブ、ドロップショット、スピンロブ等)
また、バックハンドのスライスは、反発性も相まって伸びのあるスライスが打ちやすかったです。
耐久性
4
張ってから約3週間、5回×2時間程度の使用ですが、テンション維持は悪くないように感じます。
総合評価
4.5
この次は何を張るかと聞かれたら、このブラックコード4Sを張るでしょう。
前にブラックコードを試しに張ったときは、何となく合わなくて使用しなくなったのですが、4Sは気に入りました。
ドラゴンさん(12歳 中学生男子 テニス歴5年)
使用ラケット バボラ アエロプロドライブ2012
使用ストリング BLACK CODE 1.28
テンション 50×48

今回はブラックコード4S1.25(以下4S)を同じくX-BLADE 325に46ポンドで張って比較しました。

打球感
5
中学生になり、最近パワーがつき始めていますので、従来の「BLACK CODE」よりカッチリした「BLACK CODE4S」のシャープな打球感がとても気に入った様子でした。
反発性
4
ポリストリングならではの弾きの良さが気持ちよく、強い打球が飛ぶような気がしました。
コントロール性
4
概ねイメージ通りのコースにコントロールすることができましたが、スピン性が向上しているせいか、ややボールが浅くなる気がしました。
スピン性
5
ストリングを張ってもらったショップの方から、「角が立ってますね」というコメントをいただいたとおり、従来の「BLACK CODE」よりスピンがかかります。
慣れれば深さのコントロールも調整できるのかなと思いました。
耐久性
4
同じラケット4本を回しながら週5日(各3時間程度)練習をしていますが、約2週間で切れました。
従来の「BLACK CODE」とほぼ変わらないと思います。
総合評価
4
ポリなのに硬すぎない、「BLACK CODE」の特徴は継承されていると思いました。
スピンのかかり具合以外は、極端な違いは無いと思いますのでラケットを複数本持っている方なら、「BLACK CODE」と「BLACK CODE4S」を張ったラケットを両方用意して、その日のフィーリングで使い分けるのも良いのではないかと思いました。

お買い求めはこちらから

バックナンバーを見る

  • テニスプレイスピア
  • テニスショップ裏日記
  • YUKAのファッションチェック

カテゴリーから探す

モバイルショップ

カテゴリーから探す